私たちの想い

子供達の自発性を伸ばしたい 一つの出来事、一瞬、一日を大切に一人一人のお子様に「愛」を込めて

concept1-2 concept1-1

お子様にとって一瞬一瞬が学びのチャンス。その瞬間をサポートし、1人1人違うお子様たちの個性を受け止め、自発的な発達を伸ばしてあげることが私たちスタッフの役目です。

子供たちは子供たち同士の集団の中で学ぶことが多く、7人という多すぎない集団の中、異年齢のお友達と接することで大きい子は小さい子を愛でる、思いやることなどを学び、小さい子は出来ないことでも大きい子の真似をすることで協調性などを学びます。
私たちスタッフはその行程が上手く円滑にいくよう、常にお子様たちの心に寄り添い、そばにいて助言をします。 上手くいかないときは上手くいくように、解決できるように道を示してあげます。 全てを与えるのではなく、助言などで自分で考えることのできる能力の育成を促します。

お子様たちは「未知の可能性」を持っています。その重要なプロセスに関わることの責任を忘れず、成長が見えた時の喜びを日々心に刻んで 一瞬、一日を大切に過ごしていきます。

園長の言葉 自分自身の体験から”母目線”のチャイルドケアを作りたい

concept2-1

私自身、子供を預けて働いておりましたので、その時の経験を元に「こういうチャイルドケアがあったら自分の子供を預けたい」という理想を形にしたのがこのさくらチャイルドケアです。日本を象徴する花の一つである「桜」、そして桜には入学・成長・卒業するイメージがあることからこのような名前にしました。

「子供を安心、安全に預けたい」「自分と離れている間しっかり学んできてほしい」「子供が1日どう過ごしていたか詳しく知りたい」など同じ母親としての目線から、保護者様に安心して頂ける様々な工夫を凝らしております。

①保育の経験が豊富でEarly Childhood Educatorの資格を持った先生が常駐するチャイルドケアセンター
②お家にいるようなアットホームな環境のファミリーデイケア
③日本の幼児教育プログラムが提供される日本語学校

この3つからそれぞれの良いところを取り入れたチャイルドケアを目指します。

食も大事な勉強の場 楽しく皆で食べることからもたくさん学ぼう

DSC00216
いただきます 食育

午前のスナック、昼食、午後のスナックは園長が一人の母親として子供たちに真心こめて毎日手作りしています。 色々な味、食感などを楽しみながら、子供たちの成長や発達に欠かせない栄養が取れるようメニューに工夫を凝らしています。 プロが作るような素晴らしい食事ではありませんが一般家庭で食べられるような、基本的には素朴な和食・洋食・中華など、時々北欧の料理も取り入れております。

また、春から秋までの間はバックヤードで、冬はプランターで皆で野菜を種から育てる経験もします。 種から芽が出て、野菜が育ち、自分で収穫して食べることは、子供たちにとって素晴らしい経験になります。 その経験をしている間、先生がお野菜が成長する過程をテーマにした本読みや、フェルトストーリー、または歌や踊りで子供たちの野菜が育つことの理解を促し、食に対する興味を引き出していく取り組みもします。
育てて食べるという経験から、食べ物を大切にする気持ちが育ち、食べることへの前向きな姿勢が身についてくれればと願っております。

STAFF スタッフ紹介

CONTACT お問い合わせ

ご質問や、ご要望、お申込み、見学希望などなど、お気軽にお問い合わせください。
必須項目は必ずご回答下さい。
メールでのお問い合わせには順次お答えしておりますが、数日かかることもございますことをご理解ください。 お急ぎでない限りメールでお問い合わせくださいますようお願いいたします。

入力必須です。

入力必須です。

メールアドレスの形式が違います。

入力必須です。

入力必須です。

入力必須です。

入力必須です。

入力必須です。

入力必須です。

送信完了しました。 お問い合わせ確認用メールを上記のメールアドレス宛てに送信しましたのでご確認ください。 もしメールが届かない場合は、お手数ですが直接メールにてご連絡ください。info@sakurachildcare.com
お問い合わせありがとうございました。

送信完了しました。 24時間以内に返信いたしますのでお待ち下さいませ。
もし数日経ってもメールが来ない場合は、お手数ですが直接メールにてご連絡ください。info@sakurachildcare.com お問い合わせありがとうございました。

送信に失敗しました。お手数ですが入力内容をご確認の上、再度送信ボタンをクリックしてください。